Zコート®|表面処理

高強度ボルトや鋳物の耐食性を高める事も可能な常温乾式めっき

めっき処理の多くは、液剤を使用して表面処理を行うため「湿式めっき」と呼ばれますが、Zコート®は液剤を使用しない「乾式めっき」である事が他のめっき処理と大きく異なります。熱による応力低下や水素脆性の心配が無いだけでなく、めっきを行うことが難しかった高強度ボルトや鋳物などといった製品にも高い防錆効果を持たせることができます。めっきが難しいとお困りの製品にもぜひお試し下さい。

Zコート®のメカニズム

Zコート®のメカニズム

ショットピーニングによって亜鉛合金皮膜を形成します

鉄亜鉛合金粉を高速で処理物に打ち付けることにより、亜鉛合金皮膜を形成します。自動車部品などの防錆表面処理として認定を受けており、鉄・非鉄を問わず処理できるという特徴を持っています。

Zコート®6つの特徴

Zコート®を施した後に有機・無機ハイブリットコーティングを行うことにより高耐食性を実現

例えば冷間鍛造部品などの塑性加工潤滑下地として有効です

Zコート®に関するお問い合わせは

※Zコート®は、DOWA IPクリエイション株式会社の登録商標です。